×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



ボウリング LINK集

1ゲームは10のフレームから構成される。第1〜9の各フレームは2回投球できる。1投目にストライク(1投で10本のピン全てを倒すこと)が出た場合はその1投のみで次のフレームに進み、それ以外の場合は残ったピンをそのままにして2回目の投球を行う。1投目で残ったピンを2投目で全て倒すことをスペアという。第10フレームは、ストライクもしくはスペアが出た場合には計3回の投球を、それ以外の場合は2回の投球を行い、ゲーム終了となる。通常、ボウリングを行うための専用施設であるボウリング場で行われる。ボウリング場は中にいくつものレーンがあり、ピンセッター(ピンを自動的に並べる機械)やボールリターン(ボールをプレイヤーの元に送り返してくる仕組み)などを備えているのが普通である。様々な重さのボールの他に、専用の靴なども貸し出している。

サントリーのノコギリヤシ スピードラーニング 北の大地の天然オリゴ糖 保険クリニック エコスモーカー リバイタラッシュ 松原クリニック PRK ニチイ学館 評判 インディアン伝承シャンプー

しかし倒すピンの数やそれに応じた並べ方も場所や地域によってさまざまであった。それを中世ドイツのマルティン・ルターが倒すピンを9本にし、並べ方もひし形に統一していったことが近代ボウリングのルールの原型になっていったと考えられている。9本という決められた数のピンを倒すという行為は、やがてナインピンズ・ボウリングという一つのスポーツとして派生し宗教家の間では人気のあるスポーツとして栄えた。このことから宗教革命家と知られるルターは、現在のボウリングの基本的なルールを統一した意外な功労者でもあるといえる。また、ドイツの一部の地域では、いまだにその名残としてピンの数が9本でプレイする地域も存在する。

財宝焼酎 トルクェ 脱毛 アグレーラ ビーグレン 口コミ バイオエステ AGA遺伝子検査キット ドクター水素水 ソシエ

レーンを保護するために塗布されている油。コンディショニングオイル。その分布によりボールの挙動が変化する。投球軌跡や時間の経過等によってオイルの分布は刻々と変化するため、その見極めは難しく、また勝負を左右する重要なポイントの1つでもある。多くのボウリング場ではファウルラインから35〜40 フィートまで塗布している。また、プロボウラーは練習時にリターンしたボールの表面に付着したオイルの状態を見て、よりよい投球に役立てている。なお、投球前にボールを布で拭くのはこのオイルを取り除くためであり、高スコアを狙うなら投球前にていねいにボールを拭く必要がある。

ヘアフォーライフ アートネイチャー レアジョブ 評判 保険マンモス 日本山人参 湘南美容外科 レーシック 上野クリニック 性病検査 セルシーフィット 楽天カード マイナビ看護師 評判

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2009 ボウリング LINK集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4